ちょっと耳寄りな択一知識  民訴択一・・・証拠申出の撤回 (認定考査) – 司法試験-司法書士試験-行政書士試験とエトセトラBLOG

司法試験-司法書士試験-行政書士試験とエトセトラBLOG

資格試験(司法試験,司法書士試験,行政書士試験)その他色々な事を語っていくブログです。短答,択一式の問題を作問し,過去問研究を行い,法律の解釈・論点の整理記載も試みています。

司法試験 司法書士試験 簡裁訴訟代理等能力認定考査

ちょっと耳寄りな択一知識  民訴択一・・・証拠申出の撤回 (認定考査)

投稿日:2017年4月18日 更新日:

                                 証拠申出の撤回

 

証拠申出の撤回の論点は,司法書士択一民訴,認定考査において大切です。
特に認定考査においては,証拠申出の撤回について,そのまま論述を求められる可能性がありますので注意が必要です。

以下,証拠申出の撤回の基本的な枠組みを書きます。参考にしてみてください。

 

1 証拠の申出は,証拠調べが実施されるまでは,これを申出た訴訟当事者において,何時でも自由に撤回することができます。

 

2 証拠調べが開始された後は,証拠共通の原則の下で,相手方に有利な証拠資料も顕出されている可能性がありますので,証拠申出をした訴訟当事者は,自ら申出た証拠方法といえども,相手方の同意を得ることなく,これを自由に撤回することはできません。

 

3 証拠調べが完了した後においては,既に裁判官の心証が形成されてしまっていますので,これを撤回できるとすると,裁判官の自由心証を害し自由心証主義(民訴法247条)に反します。

 

そのため,証拠調べ完了後においては,自ら有利になるとして証拠申出をした訴訟当事者といえども,証拠申出の撤回をすることはできません。
相手方の同意があっても,証拠調べ完了後においては,証拠申出を撤回できません。

 

論述のポイントは,証拠調べの「実施前」「開始後」「完了後」の3段階に分けて証拠申出の撤回を論ずることです。

 

以下,キーワードを列挙します。

 

1 証拠調べ 「実施前」 撤回できる

2 証拠調べ 「開始後」 証拠共通の原則  相手方の同意がないと  撤回できない

3 証拠調べ 「完了後」 裁判官の自由な心証形成を害する  自由心証主義に反する 撤回できない

 

 

 

 

 

-司法試験, 司法書士試験, 簡裁訴訟代理等能力認定考査
-, ,

執筆者:

関連記事

民訴法228条4項の二段の推定とは・・・そ の 1(認定考査・択一民訴)

    民訴法228条4項の二段の推定って・・・本当のところ分からないんですけど! 結局どうなっているんですか? この疑問に,私なりに答えさせていただきます。 そ の 1 それでは …

受験勉強を淡々とやり抜く 司法書士試験

目次1 受験勉強を淡々とやり抜く2 どうして間違えるのだろう。自問自答の日々。3 外見からは分からない。人はできるように見えるもの。4 気持ちの切りかえ5 まとめ5.1 おすすめの記事 受験勉強を淡々 …

短答・択一知識 独立行政委員会 憲法

                                               独立行政委員会 独立行政委員会についての問題を作成しました。 独立行政委員会の合憲論については,様々な合憲 …

簡裁訴訟代理等能力認定考査の合格の仕方 その1

  目次1 簡裁訴訟代理等能力認定考査に合格する上で絶対に避けて通れないことは,何だと思いますか?2 何を素材にして,実際に要件事実を書く練習をすればよいのでしょうか?3 特別研修で使用した …

私見含みの!? 学説整理・国会議員の不逮捕特権その3 憲法

                   憲法・その3・国会議員の不逮捕特権               (司法試験向き)       不逮捕特権については,議論自体は簡明な …