ちょっと耳寄りな択一知識  民訴択一・・・証拠申出の撤回 (認定考査) – 司法試験-司法書士試験-行政書士試験とエトセトラBLOG

司法試験-司法書士試験-行政書士試験とエトセトラBLOG

資格試験(司法試験,司法書士試験,行政書士試験)その他色々な事を語っていくブログです。短答,択一式の問題を作問し,過去問研究を行い,法律の解釈・論点の整理記載も試みています。

司法試験 司法書士試験 簡裁訴訟代理等能力認定考査

ちょっと耳寄りな択一知識  民訴択一・・・証拠申出の撤回 (認定考査)

投稿日:2017年4月18日 更新日:

                                 証拠申出の撤回

 

証拠申出の撤回の論点は,司法書士択一民訴,認定考査において大切です。
特に認定考査においては,証拠申出の撤回について,そのまま論述を求められる可能性がありますので注意が必要です。

以下,証拠申出の撤回の基本的な枠組みを書きます。参考にしてみてください。

 

1 証拠の申出は,証拠調べが実施されるまでは,これを申出た訴訟当事者において,何時でも自由に撤回することができます。

 

2 証拠調べが開始された後は,証拠共通の原則の下で,相手方に有利な証拠資料も顕出されている可能性がありますので,証拠申出をした訴訟当事者は,自ら申出た証拠方法といえども,相手方の同意を得ることなく,これを自由に撤回することはできません。

 

3 証拠調べが完了した後においては,既に裁判官の心証が形成されてしまっていますので,これを撤回できるとすると,裁判官の自由心証を害し自由心証主義(民訴法247条)に反します。

 

そのため,証拠調べ完了後においては,自ら有利になるとして証拠申出をした訴訟当事者といえども,証拠申出の撤回をすることはできません。
相手方の同意があっても,証拠調べ完了後においては,証拠申出を撤回できません。

 

論述のポイントは,証拠調べの「実施前」「開始後」「完了後」の3段階に分けて証拠申出の撤回を論ずることです。

 

以下,キーワードを列挙します。

 

1 証拠調べ 「実施前」 撤回できる

2 証拠調べ 「開始後」 証拠共通の原則  相手方の同意がないと  撤回できない

3 証拠調べ 「完了後」 裁判官の自由な心証形成を害する  自由心証主義に反する 撤回できない

 

 

 

 

 

-司法試験, 司法書士試験, 簡裁訴訟代理等能力認定考査
-, ,

執筆者:

関連記事

簡裁訴訟代理等能力認定考査の合格の仕方  その3

  簡裁訴訟代理等能力認定考査の過去問の重要性 今回,認定考査の過去問を解くことの重要性について,お話しさせていただきたいと思います。   目次1 1 合格40点ボーダー滑り込みに …

択一憲法 その2・国会議員の不逮捕特権 

         国会議員の不逮捕特権 その2       この択一問題は難しい問題です。知識的観点からいって難しい問題です。 間違っても全く気にする必要はありません。 …

(司法書士試験) えっ! パスした問題のマーク欄に,次の問題のマーク

  今回は,マーク―シートのマークミスの話です。   マークシートのマークミスは,手痛い結末を招来します。一年一回の試験では,また来年ということになります。   来年まで …

[改正民法] 第三者弁済 司法試験・予備試験・司法書士試験

目次1 はじめに2 改正民法 第三者弁済3 解 説3.1 おすすめの記事 はじめに 改正民法の第三者弁済に関する短答・択一式問題を作成しました(各種国家試験の過去問改題も含む)。 少々紛らわしい問題と …

[認定考査・択一民訴]民訴法228条4項の二段の推定とは・・・   その2

  民訴法228条4項の二段の推定って,・・・・・本当のところ分からないんですけど! 結局,どうなっているんですか? この疑問に,私なりにお答えします。 そ の 2 (前回は,一段目の推定に …