ちょっと耳寄りな択一知識  民訴択一・・・証拠申出の撤回 (認定考査) – 司法試験-司法書士試験-行政書士試験とエトセトラBLOG

司法試験-司法書士試験-行政書士試験とエトセトラBLOG

資格試験(司法試験,司法書士試験,行政書士試験)その他色々な事を語っていくブログです。短答,択一式の問題を作問し,過去問研究を行い,また法律の解釈・論点の整理記載も試みています。

司法試験 司法書士試験 簡裁訴訟代理等能力認定考査

ちょっと耳寄りな択一知識  民訴択一・・・証拠申出の撤回 (認定考査)

投稿日:2017年4月18日 更新日:

                                 証拠申出の撤回

 

証拠申出の撤回の論点は,司法書士択一民訴,認定考査において,大切です。
特に,認定考査においては,証拠申出の撤回について,そのまま論述を求められる可能性がありますので注意が必要です。

以下,証拠申出の撤回の基本的な枠組みを書きます。参考にしてみてください。

 

1 証拠の申出は,証拠調べが実施されるまでは,これを申出た訴訟当事者において,何時でも自由に撤回を行うことができます。

 

2 証拠調べが開始された後は,証拠共通の原則の下で,相手方に有利な証拠資料も顕出されている可能性がありますので,証拠申出をした訴訟当事者は,自ら申出た証拠方法といえども,相手方の同意を得ることなく,これを自由に撤回することはできません。

 

3 証拠調べが完了した後においては,既に裁判官の心証が形成されてしまっていますので,これを撤回できるとすると,裁判官の自由心証を害し自由心証主義(民訴法247条)に反します。

 

そのため,証拠調べ完了後においては,自ら有利になるとして証拠申出をした訴訟当事者といえども,証拠申出の撤回をすることはできません。
相手方の同意があっても,証拠調べ完了後においては,証拠申出を撤回できません。

 

論述のポイントは,証拠調べの「実施前」,「開始後」,「完了後」の3段階に分けて証拠申出の撤回を論ずることです。
以下,キーワードを列挙します。

 

1 証拠調べ 「実施前」 撤回できる

2 証拠調べ 「開始後」 証拠共通の原則  相手方の同意がないと  撤回できない

3 証拠調べ 「完了後」 裁判官の自由な心証形成を害する  自由心証主義に反する 撤回できない

 

 

 

 

 




『行政書士』になるなら
法律資格専門の受験指導校・伊藤塾!



東京法経学院






クレアール社労士講座
社労士受験業界で話題の「非常識合格法」で効率的に合格が目指せます。








ジオスオンライン<<初回無料体験>>レッスン



-司法試験, 司法書士試験, 簡裁訴訟代理等能力認定考査
-, ,

執筆者:

関連記事

択一憲法 その2・国会議員の不逮捕特権 

         国会議員の不逮捕特権 その2       この択一問題は難しい問題です。知識的観点からいって難しい問題です。 間違っても全く気にする必要はありません。 …

予備的 相殺の抗弁について(訴訟上の相殺)

    相殺の抗弁については,特別研修受講生の中でも誤解が多いのではないでしょうか。 例えば,貸金返還請求訴訟の原告の請求に対して,被告が抗弁として,弁済の抗弁と消滅時効の抗弁を主 …

簡裁訴訟代理等能力認定考査 絶対合格!!

    目次1 簡裁訴訟代理等能力認定考査に1回で絶対合格するには?2 超難関試験の司法書士試験合格者が,どうして簡裁訴訟代理等能力認定考査に不合格となってしまうのか?2.1 第一 …

民法 択一推論  不法行為に基づく財産的損害賠償請求権(逸失利益)の相続

不法行為に基づく生命侵害の[財産的損害賠償請求権(逸失利益)]の相続   民法の推論問題を作成しました。よろしかったら解いてみてください。     [問 題] &nbsp …

絶対的幸福感と相対的幸福感

  相対的的幸福と絶対的幸福,あなたはどちらの幸福を選びますか。 他者との比較において,自己肯定感を増していくのか,それとも,他者との比較なしに,自己の価値基準によって自己の幸福感を増してい …