簡裁訴訟代理等能力認定考査 合格のための 勉強会 – 司法試験-司法書士試験-行政書士試験とエトセトラBLOG

司法試験-司法書士試験-行政書士試験とエトセトラBLOG

資格試験(司法試験,司法書士試験,行政書士試験)その他色々な事を語っていくブログです。短答,択一式の問題を作問し,過去問研究を行い,法律の解釈・論点の整理記載も試みています。

簡裁訴訟代理等能力認定考査

簡裁訴訟代理等能力認定考査 合格のための 勉強会

投稿日:2017年3月30日 更新日:

私自身は,簡裁訴訟代理等能力認定考査合格のための試験勉強会については余り意義を見出せないのですけれども,それは人によってそれぞれでしょう。もし,勉強会を開催されるということであれば,その参加者をよくよく吟味する必要があると思われます。

 

例えばの話ですが,自己主張が強すぎる反面,いざその人の作成した準備書面を見ると,まるで要点整理ノートの1ページを破いてきたのかと思われるような,およそ準備書面の体を成していない書面であったり,

また,その内容を見ても,事案の争点を把握しているとは到底思えない書きぶりなど,事案分析能力,事実認定力,要件事実の理解力等に乏しいと思われても致し方のない特別研修受講生も存在するかもしれません。

しかも,かかる特別研修受講生のなかには,特に自己主張が強く,人の言い分にほとんど耳を貸そうとせず,人物攻撃・人格攻撃ばかりに腐心する大人げないものもいるかもしれません。

 

かりにこのような特別研修受講生と勉強会を開けば,誤った方向へと議論が強引に導かれ,何の益にもならないばかりか,かえって有害ですらありましょう。

やはり,直観力で感じた優秀と思われる特別研修受講生を含めて合計で2,3人,多くても4人くらいの人数で,勉強会をするのがよいでしょう。

 

その際も,勉強会に集まる者のうち半数以上は,予備校の講義を受講している者が含まれていることが,本来的にはより安全と言えるでしょう。

議論が誤った方向に行くのを食い止めてくれる可能性が高くなるからです。

そしてこれも忘れてはならないことですが,常識的な意味で適度な協調性のある特別研修受講生であるかどうかも勉強会メンバーの選択にあたっては重要な点であるということです。

 

とにもかくにも,簡裁訴訟代理等能力認定考査の合格のための勉強会メンバーについては,よくよく吟味されることをお勧めいたします。                以 上

 

 

(定評ある参考書)
要件事実の考え方と実務[第3版] 加藤新太郎・細野敦 著  民事法研究会
認定司法書士への道 要件事実攻略法[第3版] 伊藤塾講師 蛭町浩 著  弘文堂
司法書士簡裁訴訟代理等関係業務の手引き 平成29年度版
日本司法書士会連合会 編 日本加除出版

 




『行政書士』になるなら
法律資格専門の受験指導校・伊藤塾!




東京法経学院

▼法律系難関資格を目指すなら、司法試験、予備試験、司法書士、行政書士など各種資格に対応する「資格スクエア」
実績ある元大手予備校人気講師が勢ぞろい!オンライン専業だから圧倒的低価格!

https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2TEQE8+25EDF6+373C+5YZ77



クレアール社労士講座
社労士受験業界で話題の「非常識合格法」で効率的に合格が目指せます。

 

 

 

 

 

-簡裁訴訟代理等能力認定考査
-

執筆者:

関連記事

簡裁訴訟代理等能力認定考査の合格の仕方  その3

  簡裁訴訟代理等能力認定考査の過去問の重要性 今回,認定考査の過去問を解くことの重要性について,お話しさせていただきたいと思います。   目次1 1 合格40点ボーダー滑り込みに …

憲法択一 国会議員の不逮捕特権 その1

                          国会議員の不逮捕特権 その1         国会議員の不逮捕特権についての択一問題を作成しました。 議院の …

認定考査と評価根拠事実

権限外行為の表見代理(民法第110条)の正当理由について,私の作成した下記事例で検討します。 (Xの言い分,Yの言い分という陳述書形式を採らずに作成しました。) [事例] 平成28年4月1日,絵描きで …

[認定考査・択一民訴]民訴法228条4項の二段の推定とは・・・   その2

  民訴法228条4項の二段の推定って,・・・・・本当のところ分からないんですけど! 結局,どうなっているんですか? この疑問に,私なりにお答えします。 そ の 2 (前回は,一段目の推定に …

[要件事実/認定考査] 過失(不特定概念)と主要事実 の 論点

目次1 1 過失を主要事実とする考えでは、訴訟が空転する2 2 これは弁論主義を考えれば明らかである3 まとめ 過失を基礎づける具体的事実を主要事実と捉える3.1 おすすめの記事 1 過失を主要事実と …