簡裁訴訟代理等能力認定考査の合格の仕方  その2 – 司法試験-司法書士試験-行政書士試験とエトセトラBLOG

司法試験-司法書士試験-行政書士試験とエトセトラBLOG

資格試験(司法試験,司法書士試験,行政書士試験)その他色々な事を語っていくブログです。短答,択一式の問題を作問し,過去問研究を行い,また法律の解釈・論点の整理記載も試みています。

簡裁訴訟代理等能力認定考査

簡裁訴訟代理等能力認定考査の合格の仕方  その2

投稿日:2017年4月3日 更新日:

侮ることなかれ,司法書士倫理。司法書士倫理は,縁下の力持ち。
40点台ボーダーをキープする上での力持ち。

 

簡裁訴訟代理等能力認定考査を受験される方は,是非とも,今のうちから,司法書士倫理について,手ぬかりなく勉強された方がよいでしょう。

 

特別研修で使用したテキストに掲載されている司法書士倫理の事例問題は,満点を取るくらいの基礎中の基礎として,当然の準備対象です。当該事例問題を解答するためには,司法書士簡裁訴訟代理等関係業務の手引を読まなければなりません。「司法書士 簡裁訴訟代理等関係業務の手引」平成29年版は,必読書といえましょう。

 

同書とは,親友と呼べるくらい,ページを開いてお付き合いした方がよいでしょう。
また,特別研修で使用したテキストに掲載されている司法書士倫理の事例問題中の訴額算定の部分については,しっかり理解,記憶された方がよいでしょう。これも危ないです。

 

司法書士倫理の論述問題では,キーワードを記憶して,答案の中で,そのキーワードを展開するのがよいでしょう。

 

キーワード中心の採点基準だと思われますし,論理展開はキーワード中心の方が分かり易いです。

 

例えば,主債務者Aと,連帯保証人Bを共同被告とした貸金返還請求訴訟における被告AB両名から訴訟代理の依頼を受けた場合に,認定司法書士は,これを受任できるか?
という事例の場合に,以下のようなキーワードを使って論理を展開します。

 

A,Bの訴訟協力が見込め,有利に紛争解決が望める段階では,利害対立は潜在的であるから,依頼を受任できる。

しかし,依頼を受任する際には,将来的に,AB両名の利害対立が顕在化したときには,両名の代理人を辞任する旨,あらかじめ伝え,その同意を両名から得ておく必要がある。

 

この場合のAB両名の利害対立とは,連帯保証人Bからの主債務者Aに対する求償権の行使を意味します。

 

以上は,司法書士倫理61条4号に該当するか否かに関する問題です。
キーワードを以下に羅列します。

 

訴訟協力
「潜在的」利害対立
利害対立の「顕在化」
代理人を辞任
説明 同意
求償権の行使

 

これらキーワードを使用して論理を展開します。

 

そのほか,有名どころキーワードとして,
司法書士倫理23条の「職務の公正を保ち得ない事由」
の「職務の公正」などがあります。

 

 

[認定考査のための必読書]

「司法書士 簡裁訴訟代理等関係業務の手引」
平成29年版
日本司法書士会連合会 編
日本加除出版

 

簡裁訴訟代理等能力認定考査の合格の仕方  その1

簡裁訴訟代理等能力認定考査の合格の仕方  その3

簡裁訴訟代理等能力認定考査 絶対合格!!




『行政書士』になるなら
法律資格専門の受験指導校・伊藤塾!



東京法経学院

▼法律系難関資格を目指すなら、司法試験、予備試験、司法書士、行政書士など各種資格に対応する「資格スクエア」
実績ある元大手予備校人気講師が勢ぞろい!オンライン専業だから圧倒的低価格!

https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2TEQE8+25EDF6+373C+5YZ77



クレアール社労士講座
社労士受験業界で話題の「非常識合格法」で効率的に合格が目指せます。

-簡裁訴訟代理等能力認定考査
-, ,

執筆者:

関連記事

簡裁訴訟代理等能力認定考査の合格の仕方 その1

  目次1 簡裁訴訟代理等能力認定考査に合格する上で絶対に避けて通れないことは,何だと思いますか?2 何を素材にして,実際に要件事実を書く練習をすればよいのでしょうか?3 特別研修で使用した …

民事訴訟法 自白の撤回の要件・・・もう一度確認 (司法書士試験・民訴択一,認定考査)

                                 自 白 の 撤 回 の 要 件   今回は自白の撤回について,お話ししていきたいと思います。 自白の撤回の要件は,司法書士試 …

公示送達と証拠調べ

公示送達においては,証拠調べを実施します。何故なら,擬制自白が成立しないからです。 したがって,口頭弁論期日には書証の原本を裁判所に持参することを忘れないようにしなればなりません。   また …

認定考査と評価根拠事実

権限外行為の表見代理(民法第110条)の正当理由について,私の作成した下記事例で検討します。 (Xの言い分,Yの言い分という陳述書形式を採らずに作成しました。) [事例] 平成28年4月1日,絵描きで …

簡裁訴訟代理等能力認定考査 合格のための 勉強会

私自身は,簡裁訴訟代理等能力認定考査合格のための試験勉強会については余り意義を見出せないのですけれども,それは人によってそれぞれでしょう。もし,勉強会を開催されるということであれば,その参加者をよくよ …